髭脱毛をするとき

ニキビの種類

ニキビは事象の順序段階によって種類分けされています。まず、毛穴の周りの皮膚が太くなり、ふさがった毛穴に皮脂や角質がつまった現状ぽう(コメド)ができます。そして毛穴が閉じた白っぽいニキビを「白ニキビ」、皮脂が押し上げられて毛穴が変わり流れに触れた部分が黒く酸化した段階を「黒ニキビ」と言います。

 

現状ぽう当事者はアクネバイ菌の進展条件がそろっているので、過剰に増大し、消毒のために好まん中球(白血球)が集まってきて炎症を起こします。炎症によって赤くはれた「赤ニキビ」、炎症が進んで好まん中球の死骸です膿(うみ)がたまった状態になる「イエローニキビ」、炎症が長引いて皮膚の深部に膿がたまったバッグがやれる「紫ニキビ」があります。

 

10代のニキビは皮脂の超越により、ひたいや鼻周りにやれる一過性のものが多いのに対し、20代以降のアダルトニキビは邪魔反応の劣化による乾燥、誤ったスキンケアやメイク、ホルモンプロポーションの不整など複数の背景が絡み合ってできます。アダルトニキビは頬やあご周りにもらえることが多いのがうりです。
ニキビ跡を残さないために重要なマテリアル検査

 

細菌感染を起こして膿ができた段階を放置しておくと、ニキビ跡が残ることがあります。抗菌剤の外用や内服、ビタミン剤などを使った検査が大切です。

 

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、シミによるニキビ跡を防ぐことができます。そこで、肌の邪魔反応を含めた肌そのものの力量を正常に戻すことが大切なのです。

 

毛穴につまった皮脂の放出を促すために、規則正しい洗顔を行うことが検査の基本となります。

 

DUOクレンジングバームを返金保証付きで買おう!